朗読劇

「ことばの組曲 1.夜」

あらすじ

 

人通りの無い時間

駅前だけれど

電車の音は聞こえません

わたしの真っ黒で小さなからだが

この時間に馴染んでいきます

わたしの目にうつるひとたちに

街灯で消えかかった夜の光のしずくが

しっとりと馴染んでいきます

 

真っ黒な野良猫が踏切をわたっていく間のお話。

野良猫は通りがかりの女たちになりきって、深夜の駅前を徘徊します。

三人の女が見ている夜はそれぞれまるで違うけれど、同じ光で見えている夜。

疲れた人も、急いでいる人も、からっぽの人も、同じ夜を歩いて、家路につきます。

たった一瞬の出来事が、わたしたちをくすりと笑わせて、その足を家へと向かわせるのです。


公演情報

 

滋賀公演

2018.3.9

滋賀県栗東芸術文化会館さきら

 

京都公演

2018.3.17〜18

green&garden

 

※時間未定

 

出演

 

綾乃

喜田香織

村岡優妃

もりたまゆこ

 

演出  neco

脚本  武藤桃

 

演出助手  厚海汐音

美術  佐藤由輝

照明  渡辺佳奈

衣装  山下彩

制作  藤田有華、四宮花

 

主催  劇団三毛猫座

 

チケット情報

滋賀公演チケットフォーム

京都公演チケットフォーム