次回公演情報

 

 

 

本公演は終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

(2019.9.1)

 

 

 

 

 

 

 

原案:江戸川乱歩

「芋虫」「双生児」「人間椅子」「お勢登場」「人でなしの恋」「蟲」

 

 

 

 

 

 

 

 

闇夜に一匹の芋虫が、不自由な我身の重味で、ポトリと、下の真黒な空間へ、底知れず落ちて行く光景を、ふと幻に描いていた。

 

江戸川乱歩「芋虫」より

 

 

 

 

 

 

 

 

ー イントロダクションー

 

 

1920年代から彼らは、江戸川乱歩の小説の中で登場人物を演じてきた。

物語とは異なる性的倒錯を抱えながら。

 

トランスジェンダーの時子と須永、複数愛車のお勢、

ピグマリオンコンプレックスの門野に、対物性愛者の佳子。

 

繰り返し、繰り返し、小説が読まれるたびに、

自らの本質と、ある”欲求”を隠しながら、ただ役を演じ続ける。

 

 

そんな中、2016年に江戸川乱歩の作品が、パブリックドメインとなる時がやってくる。

乱歩の小説外の役を演じられるようになった彼らに、一通の招待状が届く。

 

「江戸川乱歩の初七日を悼む晩餐の席に、ご招待いたします」

 

そうして、乱歩の小説を飛び出して彼らは集まり、晩餐会は始まる。

そこで開封された乱歩の遺書の内容は、驚くべきものだった。

様々な思惑が渦巻く中、遺書に書かれたことが実行されていく……

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

チケット好評発売中

 

* 9/1公演分は完売いたしました *

当日券は若干枚数出る予定です。

 

その他の回はまだお席ございます。

ご予約はこちらから

  

  

 

 

 

 

 

出演

今回公演は劇団三毛猫座初出演のお二人をお迎えし、以下の出演者でお送りします。

スタッフ

 

演出:neco

脚本:諏訪原 早紀

 

舞台監督:長峯巧弥

美術;佐藤由輝 *

照明:渡辺佳奈

音響:出口雄大

衣装:山下彩

ヘアメイク:橋爪佑莉

美術補佐:諏訪華奈子

衣装補佐:北木優佳

 

制作:藤田有華 *、福森美紗子 *、四宮花 *

 

(*…劇団三毛猫座)

 

 

宣伝メインビジュアル:三富翔太(日本画家)

宣伝デザイン:後藤多美

 

主催:劇団三毛猫座

 

京都芸術センター制作支援事業 

京都府文化力チャレンジ補助事業

 

- アフタートーク開催決定!-

 

公演日程のうち、★印の上演回にて、終演後にアフタートークを開催いたします。 

 

 

 

 

8/24 18:00  キャストトーク 

出演者による今作についてのお話

 

 

 

8/25 18:00  スタッフトーク 

neco(演出)、佐藤由輝(舞台美術)、山下彩(衣装

三毛猫座のビジュアル面を担う二人による、今回の美術・衣装についての裏話

 

 

 

 

 

8/31 13:00   ゲストトーク 

neco(演出)、諏訪原早紀(脚本)  ゲスト:佐藤知久

 

 

 

佐藤知久 

(京都市立芸術大学芸術資源研究センター教員 / 文化人類学)


1967
年生。京都市立芸術大学芸術資源研究セン ター教員。専門は文化人類学。

創造的出来事とそ の記憶を,再利用/資源化する方法について研究中。

著書に『コミュニティ・アーカイブをつくろう ! (2018・甲斐賢治・北野央と共著)など。

 

 

 撮影:むすめ 

 

 

 

 

 

9/1 13:00  ゲストトーク

 

 neco(演出)  ゲスト:和田ながら 

 

和田ながら 

 

(演出家/したため主宰)


2011
年にユニット「したため」を立ち上げ、京都 を拠点に演出家として活動。

美術家や写真家とも共 同作業を行う。

2015 年、「一つの戯曲からの創作 をとおして語ろう」vol.5 最優秀作品賞受賞。

2018 年、こまばアゴラ演出家コンクール観客賞受賞。

UrBANGUILD ブッキングスタッフ。


photo: Yuki Moriya 

 

 

 

 

 

その他詳細が決まりましたら、当ページにて順次お知らせいたします。